[ NOSAKA DIARY のさか 日記 ]

 

季節の移り変わり…靴を仕舞うときのポイント

2018年11月18日 のさか日記

皆さま、こんにちは!!!

のさかめいてつ・エムザ店でございます!

 

現在、のさかで行っています「BOOTS FAIR」!!!

色んな種類のブーツが集っていますので

まだの方は、お早めに見にいらしてくださいね!!!

のさか本店富山店小松空港店めいてつ・エムザ店にて開催中です

 

さて、秋の紅葉に、冬のイルミネーションと

どんどん景色も変わってきましたね

そして、今まで履いていた靴を仕舞って、これからの靴を出す…

履く靴も変わってきました♪

 

さぁ!履こう!と意気込んで暫くぶりに出した靴が

な、なんと、靴が白い!! カビが…!

…ということはありませんでしたか?(私はありました←)

そうならないように出来るケアをしておきましょう!

こちらはその手助けをしてくれる「炭草花」シリーズです

デザインも可愛い「炭」の調湿・消臭材です♪

↑こちらはお部屋に置けるディスプレイにも最適です

炭草花は木材をリサイクルした環境にも優しいエコ雑貨(*^-^*)

炭には細かい穴がいっぱいありまして、

その穴が臭いの元や湿気などを吸い取ってくれるのです!

その中でも靴にオススメなのが、

こちらが炭草花「シューキーパー」でございます

 

使い方としましては、まずは仕舞う靴をキレイにしましょう!

汚れが付いたままではカビが発生しやすくなりますよ!!!

しっかりと汚れを除去しましょう!革の栄養・保湿も忘れずに

そして、お手入れして乾かした後に下駄箱や箱に入れるとき

一緒に入れる!これでOKです

炭の力で溜まりやすい湿気を吸収しつつ

シューキーパーとして、靴の型崩れを防いでくれます

 

炭草花にはパンプスにも使えるものや、ブーツ用の物もあり

デザインも様々で、用途ごとに使い分けが出来ます

 

また靴を仕舞うとき(下駄箱など)の大事なポイントとして

高温多湿な場所は避ける(カビの発生予防)

直射日光の当たる場所は避ける(靴の日焼けや劣化しやすくなる為)

を気をつけてみてください(*^-^*)

それから長期間での保管の場合、たまに箱から出して

靴を時々風通しの良いところで日陰干し行ってくださいね

 

炭草花を入れる事で湿気を吸収してくれますが、

時々出してしっかりと乾燥すること

また効果を発揮してくれるようになりますよ♪

 

 

それでも、気を付けていても靴に付着する「白いもの」…

カビが付いてしまったら…

そんなときは「モールドクリーナー」を使いましょう!

まずは外で要らなくなった布などで靴を拭きます

※拭いた布は袋に包んですぐ捨てましょう。

 そのままにしておくとカビの胞子が飛んでしまいます。

そして、モールドクリーナーを靴全体にかけます。

その後、風通しの良い日陰でしっかりと乾かします。

※可能であれば、一週間ほどしっかりとかわしてください。

3日おきほどに再度かけ直しして乾かすとより良いですよ

 

 

そして!今「炭草花」が気になるなと思った皆さま!

今「BOOTS FAIR」行っている店舗(のさか本店・富山店・小松空港店・めいてつ・エムザ店)にて

ご購入いただいたお客様限り、先着

炭草花シューキーパー、またはミニ防水スプレーをプレゼントしています!!!

ぜひ、ご検討くださいませ!!!

※プレゼントは無くなり次第、終了となります。

 また、店舗によって状況が異なりますので、予めご了承くださいませ。

 

靴を仕舞うその時に、ちょっと手間を掛けてあげると

また次に履くときに良い状態で履くことができます♪

ぜひ、試してみてくださいね(*^▽^*)

このページTOPへもどる width=