[ のさかがシューフィッティングで大切にしていること ]

 

“足の特徴+靴の特徴+ご要望”のバランスを
とりながら靴選びをアドバイスいたします

のさかでは足計測の結果を元に足に合う靴をお選びいたします。そのためには足の特徴だけではなく靴の特徴も理解していなければいけません。人それぞれに足の特徴があるように、靴にもそれぞれ特徴や種類があり、用途によって向き不向きがあります。
例えば、「旅行履きにおしゃれな靴が欲しい」といった場合、デザインだけを重視してヒールの靴を選んだとします。想像がつきますよね。これでは長く歩くと足がとても疲れてしまいます。たくさん歩くことが予想される旅行履きには長時間歩いても疲れにくい靴が理想的です。
このように、靴は履く場所、時期、状況に合わせて選ぶ必要があります。たとえ足に合った靴を履いていても用途を間違ってしまうと足に合わなくなってしまいます。そのため、靴を選ぶときは用途を踏まえ靴の特徴を理解して、足に合う靴を選ぶことが大切です。 

 

<靴選びのポイント>

1. 自分の足の特徴を知る

2. 靴の用途を考える

3. 靴の特徴を理解する

ですが、自分の足に合っている靴ならどんな靴でも良いってわけではありませんよね。デザインのご要望も大切な要素の一つです。どんなに足に合っていてもデザインが気に入らなければ履きたいと思えないものです。
しかし、デザインを重視しすぎると足に合わなくなる場合もあります。のさかでは、足の特徴と靴の特徴、お客様のデザインなどのご要望のバランスをとりながら、それぞれの優先順位に合わせて靴をご提案いたします。

 

例えば… <スーパーのレジ係りのお仕事履き> の場合

1. 長時間立ちっぱなし

2. ときには重い荷物を運ぶ力仕事もある

3. お店の中を歩くこともあり、立ったりかがんだりもする

安定感のあるインソールと足運びがしやすくスムーズに体重移動ができる靴が理想的です。仕事履きなのでお色は控えめに、汚れも目立たない色がいいですよね。
立ち仕事によりむくみ・疲れ・痛みがある場合は、少しでも不快感を軽減できるようインソールに調整を施したり、足に合わせたオーダーインソールを作成します。

 

のさかはお客様の履物係

生活に結びついた靴の用途は様々です。いろいろなシーンで活躍する靴なので、私たちにはそれぞれに適した靴が必要となります。のさかは「お客様の履物係り」として、ただ単に足に合う靴というだけではなく、お一人お一人のご要望やライフスタイルに合わせて、専門的な技術と知識を持ったシューアドバイザーが靴をご提案いたします。
あなたの靴のこと、のさかにお任せ下さい。

 

 

このページTOPへもどる width=