[ NOSAKA DIARY のさか 日記 ]

 

のさかのshoe議院選挙

2021年10月29日 のさか日記

皆さま、こんばんは。

nosaka富山店です。

日曜日は4年に一度の選挙ですね。期日前投票はお済でしょうか?

4年に一度なのでオリンピックやワールドカップ並みに盛り上がると思いきや、、、

盛り上がっているのでしょうか?

 

日本の未来は・・・wow wow wow wow!!

業界の未来は・・・・yeah yeah yeah yeah!!

というわけで今回はいつもとブログのテイストを変えてお送りしたいと思います。

 

題して、のさかshoe議院選挙 富山店1区編

数々の立候補靴の中から靴たちの熱いPRを是非ともご覧ください。

 

 

立候補靴 1

【どうしてもヒールが履きたい党】から履いても楽なヒール。

毎シーズン優れた履き心地からシリーズ継続の地盤を受け継ぎ富山店1区で確固たる支持を集めてきた、PROPHECY MELBAシリーズ 20615 ファントムさんです。

「私たちヒールの靴は何世紀も前から女性の皆様の美しさに寄り添ってきました。

近年は女性だからヒールという考えにも疑いを向け、男性でも女性でも美しく見せたい気持ちそんな気持ちに私は寄り添いたいと思います。

ただ綺麗なだけでいいのでしょうか?痛みはあっていいのでしょうか?私は痛みのないヒールを目指しております。是非一度足入れを。」

 

何世代も続くMELBAさんだからこそ言える訴え、女性票が期待できそうですね。

 

 

立候補靴 2

【兎に角、楽に歩きたい党】からストレッチウォーカー、アーレスさんです。

今年、全世界でシリーズ100万足を突破した有言実行の実力派の訴えとは。

ではお願いします。

「私達ストレッチウォーカーは足に良い靴とは何かという事を追求し続けてきました。

突き詰めた結果、足を正しく動かす。それが全ての足にとって必要なこと。

そうすれば必ず楽に歩けます。言葉はいりません。私に足を入れて一歩進むだけです。」

 

さすが数々の足を喜ばせてきた実績があるからこその言葉、今回のshoe院選挙では多くの票を集めそうです。

 

 

立候補靴 3

【雨ふり雪ふり安心党】から長年の信頼を集めた ZOO EMMA

懐の温かいお靴。夏の選挙なら立候補を断念していたとか、してないとかささやかれていますが昨年の豪雪を考えると今回はかなりの票を集めそうです。

「私は全ての足に濡れないという安心を届けます。

もちろん履き心地や可愛さは犠牲にしません。

長年履いている有権者の方に後押しされ今回立候補しました。

昨年の大雪でも助かったとのお声も今回の立候補につながりました。

この濡れない安心を皆さまにお届けしたいその一心でございます。」

 

EMMAさん自分の強みをしっかり理解されています。今回期待の新人ですが、富山店1区では数多くの支持層がいらっしゃるので大混戦になりそうです。

 

 

立候補靴 4

【足首しっかり支えたい党】からWolky 6613

冬のブーツは足を支える為には最適。そのことをもっと知ってもらいたい。その思いを今回は届けたく立候補したそうです。

では6613さんお願いします。

「私はどんな足でも支えたいその一心で紐の穴数を増やしてきました。

近年インソールやサポーターなど色々なアイテムが出てきていますが、やはり靴の形が大事です。

足首をしっかりと覆う、締める。そのことが何より支えになる事か。皆さまキュッとフィットする気持ちよさ経験ございますでしょうか。

何よりの安心感に繋がります。是非私に足入れを。」

 

さすがベテラン候補言葉の重みが違いますね。言うべきことは言う。長年脱ぎ履き問題で戦ってきた実績があるからこその力強い言葉、有権者に必ず届いていますね。

 

 

一通り富山店1区の立候補靴の話を聞いてみていかがでしたでしょうか・・・選挙に行く気に、否、NOSAKAに行ってみたいと思っていただけたでしょうか。

10月もあと2日、冬の準備やハロウィンでお忙しいかもしれませんが、新品の靴で一票投じるのもいいかもしれません。

富山店は今ハロウィンモードです。スタッフ仮装はしてませんが、ハロウィンを楽しんでいただけると思いますので週末はnosakaで・・・・

ハッピーハロウィン♪

 

 


このページTOPへもどる width=